歯医者に、定期検診にいくことは今では普通になっています。

また、虫歯の治療などでは麻酔を使用して痛くないように細心の処置が施されています。
しかし、この新しいマイクロスコープを使用する歯医者は全体のまだ4%しかありません。

これから先、日本の歯医者にも導入されることが増加していきます。



このマイクロスコープの特徴は、顕微鏡治療になり歯の内部を何倍にも拡大をすることで神経や虫歯の悪い部分だけ取り除くことができます。



マイクロスコープは、歯科先進国のアメリカでは、早くから導入がされているものです。



昔は、歯が虫歯などでひどく悪い場合は抜歯をしていましたが最近は少しの根幹でも残せるものなら残す治療になっています。

その際に、その歯の神経を抜くことが原則でしたが神経がなくなると歯はとてももろく弱くなります。このマイクロスコープを使用して、根管治療をした場合拡大して悪い部分だけを取ることができます。


そして、神経も残せる部分もよくわかり今までより、丁寧で歯にはいい治療を受けることができます。

マイクロスコープで、細かい神経がよくわかるので、根幹内部がリアルでよく見えるので治療も丁寧にできまた悪い部分だけを削ることが可能になります。歯を残したと考える人の、治療が根管治療になります。

そのために、より確かに治療をするのは、欠かせないものとなっています。

歯は、毎日使用をするものです。
人生80年と、言われる今だからこそ大事にしていきたいです。

Copyright (C) 2015 歯医者の最新治療はマイクロスコープを使います All Rights Reserved.